腸閉塞という病気|健康でなきゃ楽しくない

先生
このエントリーをはてなブックマークに追加

胃にできる癌

頭痛

胃の癌の特徴と発生の原因

胃に発生する癌を総称して「胃がん」と言い、死亡者数が肺がんに続き非常に多い癌とされています。胃がんは特に40歳以上の中高年の方の発症が多く、女性より圧倒的に男性の方が発症しやすい癌とされています。癌の進行が胃の粘膜下層までの場合を「早期胃がん」、粘膜下層より深くまで進行している場合を「進行がん」と呼びます。胃がん発生の最大の原因は「塩分」の多い食生活とされています。また毎日の過度の飲酒や喫煙、そして肥満も胃がん発生の危険因子と考えられています。胃がんは発生初期の段階では、自覚症状がほとんど現れません。塩分摂取量や喫煙・飲酒量が多い方は、胃がんの早期発見の為に、定期的に医療機関で検査を行うようにしましょう。

胃に発生する癌の治療法

胃がんは初期段階は殆ど症状が出ませんが、癌が進行すると吐き気や腹痛、頻繁なゲップなどの不快症状が現れ始めます。腹痛においては、上腹部が強く痛む場合は胃がんの可能性が高いとされています。これらの症状が現れた場合、癌は胃の深層まで進行していることが殆どである為、早期に内科を受診するようにして下さい。胃がんは早期に発見でき、癌の直径が2センチ以下であれば、開腹を必要せず体への負担が少ない「内視鏡手術」で治癒が可能です。直径が2センチ以上の場合は外科手術で開腹を行い、胃の癌化している細胞を切除する方法が主体となります。患者の状態や癌の大きさ・進行程度によって、外科手術に免疫療法や化学療法を組み合わせる場合もあります。